現代の企業人に求められる必須の知識
【働き方改革検定】

認定ハラスメント相談員試験

一般財団法人日本ハラスメントカウンセラー協会
一般財団法人全日本情報学習振興協会

【働き方改革検定】
第1回 認定ハラスメント相談員試験
令和元年7月21日(日)開催

本認定試験では、ハラスメント相談員に必要となる、セクハラ・パワハラ・マタハラ・イクハラなどの基礎知識から相談にのぞむ心構え、質問や相談への対応などの知識が問われます。
ハラスメントに関する相談窓口の設置などは、すべての会社に義務付けられたものです。そのための相談員の育成は急務です。
試験時間
10時00分~15時45分
申込期間
令和元年6月13日(木)迄
開催会場
東京 : 東京大学
大阪 : 大阪大学
受験料
18,000円(税抜)

詳しく見る

各種調査データ

各種のハラスメントに関する理解は、厚生労働省のハラスメントに関する様々な「報告書」や、「調査データ」を読んで頂くことで十分な知識が得られます。

特に「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」(全調査データ版)(平成28年厚生労働省委託事業)は、パワーハラスメントのみでなく現状のハラスメント全般に関する企業や従業員の実態を良く理解することができ、相談員業務において大変参考になると思われます。

本実態調査データは極めて多数に及ぶため「相談員認定試験」に必要と思われるデータを抜粋して転載しております。

下記の「図表番号と調査データのタイトル」をクリックすると内容がご覧いただけます。

なお、受験される場合、試験問題として下記データより多くを出題する予定をしておりますので、グラフなどから「読み取れる現状」の理解に力を入れて頂きたいと思います。

\

「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」(全調査データ版)(平成28年厚生労働省委託事業)より転載

企業調査データ

(「平成29年度雇用均等基本調査」の結果概要)より転載

企業調査データ

従業員調査データ


「職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」(全調査データ版)(平成28年厚生労働省委託事業)より転載

※ なお、同報告書はを読まれる場合、ネット上には「概要版」もございますが、試験学習では「全調査データ版」をお読み下さるようにお願いいたします。

働き方トップ

日本ハラスメントカウンセラー協会協会トップ

全日本情報学習振興協会トップ

資料請求

試験申込

学割申込

講習会申込

団体申込

第24回講演会 5月19日(日)開催

「個人情報保護に関連する

判例解説」

個人情報保護士会及び
各部会の会員は無料!

会員以外どなたでも 12,000円

>>詳細はこちら
PAGE TOP ▲